お気に入りのお店はありますか

スポンサーリンク

あなたには、お気に入りのごはん屋さんはありますか?

お気に入り、と言っても理由はさまざま。

味が美味しい、雰囲気がいい、店の人が好き、値段がお手頃、盛りがいい、特別美味しいわけでもないけどクセになる、便利な場所にあるetc…

十人十色、いろんな理由があると思います。

私にもお気に入りのお店があります。一つや二つじゃないですよ。たくさんあります。

そのどれもに、それぞれの理由があります。お店によってもお気に入りポイントは違います。

そのなかに、生まれ育った街の、狭い路地裏の、小さな小さな中華屋さんがあります。

 

中華屋さん」って不思議だと思いませんか?

決して「中華料理屋」でも「定食屋」でも「食堂」でも、そして「ラーメン屋」でもないんですよ。

エビチリとか回鍋肉とかはなくて、ラーメン数種類にチャーハン、あれば餃子。ちょっとしたおつまみがあって、ビールは瓶ビール。

もちろん置いてある店には、酢豚とか麻婆豆腐、天津飯とかもあるけどね。

なくったって堂々としている、あの「中華屋さん」という雰囲気。

独特の空気がとても心地よくて、それがこじんまりとしたお店だと、さらに良い。

そこに、個人経営ならではの《らしさ》が垣間見えると、嬉しいような、なんともいえない気持ちになる、あの感じ。

そんなお店は、大概お気に入りになっていきます。

 

 

さて、話は狭い路地裏に戻って、その小さな中華屋さんに入ると、ご主人の娘さんが人懐っこい笑顔と明るい声で迎えてくれます。

この店は、私が子どもの頃から家族で通っていたお店。ご主人の家族で営むお店です。もともとは父のお気に入りだったんでしょう。ご主人も父を見ると挨拶をしていました。

中学生の頃は、部活の大きな大会があると、そこでコーチや保護者も含め、みんなで500円の中華そばを食べながら反省会がお決まりコースでした。

 

この店の看板メニューは独特の和風のだしが効いた、あんかけスープのラーメン。

でも、小さい頃の私は、和風だしの美味しさもわからず、いつまでも冷めないあんかけの熱さも苦手で、ワンタンを食べていました。

地元を離れてからも、帰省する度、とは言わないけれど、懐かしくなれば行っていました。

その頃には、その看板メニューの美味しさも覚え、行ったことないという友人がいれば連れて行くほど、すっかりファンになっていました。

唯一無二のそのラーメンの味は、私にとっては大人の味で、けれどもそのお店は、小さい頃から変わらない思い出の店でもあります。

 

 

やさしい味です。

ご主人とご家族の、あったかい雰囲気が、お店の空気やお料理の味の決め手だったと思います。

そんなお店のご主人が、先日亡くなられたという知らせを耳にしました。

確かに、以前より営業時間は大幅に短くなり、メニューも昔より減っていました。

それでも、行けばいつも賑わっていたし、人気メニューは売り切れることもあったくらい。

本当に長年、愛されてきたお店だったから、なんだか勝手に、いつでも、いつまでも食べられると思っているんですよね。

そんなことはありえないって、わかっているはずなんですけどね。

 

お店がこれから再開されるのか、それとも閉めてしまうのかはわかりません。

それでも。

居心地のいい場所、馴染みの顔、安心する味、、、そこに一つの区切りがつけられたことは間違いありません。

ご主人が、厨房の、あの大きな鍋の前に立つことは、もうないんだなと思うと本当に寂しいです。

 

飲食店を経営するというのは本当に難しいことだと思います。

ましてや、長い間続けるというのは、さらに難しく、生き残れるのは限られたお店だけ。

なんとなく気に入って、たまーに来ていただけなのに、気づけば長年の常連になってしまった人もいるでしょう。

地元を離れても、ふと懐かしくなってふらっと来る人もいたでしょう。

親に連れられてきていた子が親になり、今度は自分の子どもを連れて来た人もいるでしょう。

長い間、お店をやってきたというのは、それだけ愛されていたという何よりの証拠ですよね。

そして、その間ずっと厨房に立ち続けたということでもあります。

悲しいけれど、それよりも、なによりも、長い間、お疲れ様でした。

 

あなたにも、お気に入りのお店はありますか?

「また今度行こう」の《今度》は、すぐそこにあるようで、二度とやってこないかもしれません。

だから行きまくれ!って話じゃないですよ?

《お気に入り》って思えることは多いほうが楽しい。

でも、それらを丁寧に、大切にしていくことが、当たり前のようで、案外気づきにくくて、難しいものだよね。って話です。

人間関係も、なんだかそんなところがあったりしてね。

おしまい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました