白菜の黒い点は身体にいい?について、じっくり考えてみました。

「食」と知識
スポンサーリンク

先日、Twitterにこんなツイートが漂流してきた。

https://twitter.com/manomano_farm/status/1205410424964833280?s=09

白菜の黒点はポリフェノール

ほぇ~そうなのか~。

この黒い点々、見たことありますか?
わたしは、ありますよ。知ってる。いま家にある白菜にもあるよ、黒ポッチ。ぽっちぽち。

これを嫌だな、怪しいなと思ったことがないから、気にせずに食べていたけど、ツイートのリプライのぞいてみたら、結構「捨ててた」「切り落としてた」って人がいてビックリ!!!

でも、そりゃそうか。食べ物で黒くなるって、なんだかあんまいいイメージないもんね。

そーゆーの気にする人にとっては、気にしないで食べる人の方がビックリだよね、そうだよね。

しかし、これがポリフェノールだったなんて知らなかった。

というか、ポリフェノールって、ワインとかブルーベリーとかカカオとか、色の濃いものによく含まれるから、緑黄色野菜にしか含まれないようなイメージでした。

白菜に点々は「ゴマ症」

この点々は、白菜に黒ゴマを振ったように見えるけれど、ホントそのまま「ゴマ症」と呼ばれています。

なんかかわいいよね。笑

これは、いくつかの原因があって、まあ今回ツイートでも言われているのが、低温などのストレスに耐えるために頑張った白菜が身を守るために作ったポリフェノールの結晶ってやつですね。

白菜に限らず、野菜って、基本的に育つ場所を選べないじゃないですか。

だからね、同じ場所で環境が変化しちゃっても、出来る限り身を守って生き抜くすべを、それぞれ備えているものなんですよ。これ、本当にすごいよ。

なので、これも白菜が生きてくうえで発生する症状のひとつ。

こーゆー成長する過程で発生する症状は、「生育障害」「生理障害」なんて呼ばれるんだけど、基本的に食べても無害です。

まったく問題がないわけではない

いや、どっちやねん、って話でしょ?笑

これ、ここからは読解力がある人だけ読んでほしい。

まず、前提として、

  • 「ゴマ症」は食べても無害
  • ツイートの主張には賛同
  • 私もまったく気にせず食べている

これはぜひ押さえておきながら読んでくださいね。

そう、確かに「ゴマ症」の白菜は食べても問題ないし、味に大きな差はありません。

そりゃ白菜ソムリエなんて人がいたらなんか差があると主張するかもしれませんが、いろんな品種の白菜を食べ比べたことがある私が、大きな差がないというのだから、普段なにげなく食べている人はそこまで敏感に意識しないよという前提です。

でね、先ほど、ゴマ症は「生理障害」のひとつだといったけれど、これ、要因は複数あるんです。

今の時期だと、低温の影響を受けて発生することも多いです。近年は、特に気温差激しいからね

ただ、一般的にゴマ症は窒素過多、わかりやすくいえば栄養過多で発生する場合もあるんです。

「栄養過多?その分栄養があるの!?いいじゃん!!」と思うかもしれませんが、人間も食べ過ぎると胃がもたれたり、疲れたりしますよね。

そういったストレスに抵抗するために、黒点を発生させる場合もあるということです。

そうすると、どうなるかというと、味には問題がなくても、比較した場合に、傷みやすくなる可能性が高いという傾向にあります。

そして、正直に言えば、非常に微妙なラインで、味に変化が出ている可能性もなくはありません。

なぜマイナスポイントを言うのか

ツイートに賛同しているのに、どうして、ゴマ症のマイナス点をわざわざ書くのか。

これは、やはり、広く知識を持ったうえで、自分で判断してほしいと思うからです。

私は、現代の【規格に沿ったサイズの綺麗にととのえられて過剰に包装された野菜だけが立派】とされる世の中は居心地が悪いです。

サイズがバラバラでも、色が悪くても、ちょっと傷や虫食いがあっても、消費者のニーズに合わせて提供できたらいいのにって、思っています。

でも、それは、本当に難しいなという実感もあるんですわ。

とはいえ、あまりにも私たちは、自分たちの食べ物について知らない。

だから、ネガティブな面も含めて、野菜の特徴を知って、そのうえで値段と相談して選んでほしいです。

今回の白菜に関しても、一般家庭であれば、ゴマ症の白菜を買って何ら問題ないと思います。だから私も買います。

でも、たとえば、飲食店などで「ある程度大量に購入して日持ちさせたい」だとか、「とにかく素材の味の違いに敏感なお客様が来る」とかいうお店であれば、品種や栽培方法以外の白菜の特徴を知っておくのも悪くないと思っています。

なので、結論を言うと「普通に食べる分には、白菜の黒い点々は問題ないよ」ということ。これは言い切っちゃいます。

美味しい白菜の選び方

なんだかんだ言ったけど、シンプルに、私がおすすめする白菜の選び方がこれ。

  • 葉先までみずみずしくパリッとしてて変色していない
  • 外っ葉がバサバサしないて、おとなしく白菜を包み込んでいる
  • 白菜の白いところがツヤっとしている
  • 葉脈が美しい。バラバラだったりグニャグニャしていない

これに当てはまったら買いですね。

全部に当てはまらなくても、基本はみずみずしいものがいいです。

白菜の白い部分(芯と呼ばれるあたり)シワっとしてたら、結構水分飛んじゃっているぜよ。

スーパーで見てみてねん。

白菜の旬はまさに今

冬の代表的な野菜、白菜。

生でも、焼いても、茹でても、蒸しても、煮ても、アレしてもコレしても美味しいよね。
素晴らしいよ、便利だよ。

美味しい野菜はたくさんあるけど、やっぱり旬のものは美味しいよ!栄養あるよ!

わたしは、今時期、常備野菜にしております。丸ごとだとでっかいので、寒い廊下にごろんとさせて保存しています。(保存なの…?)

芯をくりぬいておくと、さらにもちがいいですよ。おすすめ。

【白菜の黒点はポリフェノール!!】

お勉強させていただきました。

.

コメント

タイトルとURLをコピーしました