平凡で、普通で、大したことない。

スポンサーリンク

たまに、あれ?これでいいんだっけ?って、ざわざわしたものが降ってくることがある。

これで合ってる?大丈夫?この先はどうする?えーっと…。

でも、そうして迷ったり悩んだりしたところで、すぐに都合よく答えが出てくれることはない。

たいていは、自信無いままに、不確定なままに、とりあえずいま最大限で用意できる答えを提示するだけ。

少し後になると、あの時あわてふためいた自分が信じられないくらい、いかにもふさわしい答えが出てくることがある。

でも、もうその話は終わっているのだ。

出番のなかったそれらを、いつかのもしものためにと大事に取っておいても、いざというときにはまた見失うか、期限切れになっているかだ。

そういうやりとりは、誰かが教えてくれたわけじゃない。

やだよね、まったく。やんなるよ。

間違ってなんていなかったんだよ、はじめから。なにも。

間違っていなかったんだから、それ以上の正解があるはずもなかったんだよ。

だけど、こんなマヌケなことに気づいてない人は、案外たくさんいるんだよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました