好きな食べ物と嫌いな食べ物

スポンサーリンク

この二つが並ぶと、嫌いな食べ物ならすぐ出るのに、好きな食べ物だと色々あって絞れないなー迷うなーって人が多いような気がします。私もその一人です。

とはいえ、嫌いな食べ物はないんです。苦手な食べ物はいくつかあります。好んで食べたくはないなあ、食べなくても平気だなあ、って程度です。食べられるし、味わえるけれど、美味しいなールンルンってならない。テンションが上がらない。

一方で好きな食べ物は、全然絞り切れませんね!というか自分は何が好きなのか把握しきれていないくらい好きな食べ物がいっぱいありすぎるんですよ!

たとえば今、「お寿司が一番☆」と思っても、美味しいラーメンが前に出れば「やっぱラーメンだわー」と思うし、旬のフルーツが手にはいれば「旬のフルーツって健康的だし最高!」って思いますもん。
なんてうわっついてるんでしょうか。笑

そこで、また考えてみる。
なんで好き(嫌い)なんだろう?

嫌いの理由って割りと簡単ですよね。味、香り、食感、見た目、嫌な記憶etc…

好きだったのに、食べ過ぎて具合悪くなって嫌いになってしまった。なんてエピソードも結構耳にしますよね。私も経験あります。笑

では、好きな理由は?

単純に味や食感が好きって理由もありました。しかし、最も多く見られたのは、《特別感》《ご馳走感》があるからというもの。

これは、子どもの頃の好きな食べ物でも見られた回答ですが、割合が違いました。どうやら大人の方がそれを求めているようです。

小さい頃って、食べることが仕事のような部分もありますよね。いっぱい食べて、丈夫で健康に大きくなること。
いっぱい食べるたけで褒めてもらえたり。

ところが、大人になるにつれて、食事はおろそかになりがちですよね。それは、悪いことというより仕方ないこと。食べるためにもお金を稼がなきゃならないし、眠る時間も欲しいから、食事ばかりに時間をかけているわけにはいきません

でも、誕生日や記念日、たまの休日や、いつもより早く帰れた日は、作るのもいいけど、パーっと美味しいものが食べたくなる。いつも献立に悩むお父さんお母さんなら、他の人が作ったごはんが食べたくなる!そんなときはやっぱりご馳走感の、特別感のあるものが食べたくなりますよね。

それは、お店に出掛けて、お寿司や天ぷらを食べてもいいし、お家でピザや中華を宅配してもいい。いつもお母さんがごはんを作っているなら、お父さんが作るチャーハンだって、特別感のあるご馳走になる。

大人にとって《ごはんを食べることに、いかに時間(お金)を使えるか》が、贅沢を感じることに繋がるのかもしれませんね。

さて、実は好きな食べ物よりも、嫌い(苦手)な食べもののほうが興味深かったので、一部紹介していきます。あなたの好きな食べ物が入っているかもしれませんね!

…川魚臭さが無理。食べてはいけないものの味がする。
揚げ物…たぶん衣が苦手。そのまま焼いたほうが美味しいと思う。
レーズン…味・食感が苦手
チーズ…臭くて食べられない。
マヨネーズ…気持ち悪くなる。
…お米が好き。そのまま食べたほうが美味しい。
パクチー(最多票数)…独特の匂い・味が無理

いかがでしたか?

私、ここに書いてあるのほとんど大好物なんですよねえ(笑)。それなのに、他の人にはこう感じるんだ!こんなところが苦手なんだ!って知れたのがものすごく面白かったです。

子どもの《好き》より、大人になってからの《好き》の方がフクザツな気がします。いろんなことを、余計なことまで考えてしまって、そしてそれを素直に表現できなかったりして。

でも、《好き》か《好きじゃない》は、ちゃんとあるんですよね。ただ、それをストレートに表現できる場が減っただけで。
だからこそ、食べるときくらいは、《好き》を満喫したらいいと思います。《嫌い》もあっていいと思います。だって、好きな食べ物にも嫌いな食べものにも《その人らしさ》ってのがあるんですもん。そこには自分だけの食の歴史がちゃんとあるんですもん。

だから、そりゃ嫌いなものや苦手なものは無いに越したことは無いけれど、自分のそんな好みだって、まるごと大切にしてみてもいいのかなと感じたのでした。

つづく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました